メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣改造

岸田氏 高まる存在感 「ポスト安倍」へ足場

岸田外相の主な発言

 3日に行われる内閣改造・自民党役員人事では、岸田文雄外相が希望していた党三役ポストを手にし、閣僚ポストも岸田派が要所を押さえる。加計学園問題などで内閣支持率の急落した安倍晋三首相が政権維持のため岸田派の協力を必要とした結果、政権内で岸田氏の存在感が急上昇し、「ポスト安倍」へ向け足場を築く形になった。首相の出身派閥・細田派は自重し、他派閥を立てることによって挙党態勢づくりに腐心した「脱1強」人事と言えそうだ。

 自民党政調会長に内定した岸田氏は2日、首相官邸で記者団に「宏池会(岸田派)として政権を支える」と述…

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1326文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです