メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ政権

米通商法301条復活か 中国に制裁検討

 【ワシントン清水憲司】複数の米メディアは1日、トランプ政権が中国の「不公正な貿易慣行」に対する制裁措置を検討していると報じた。1980年代の日米貿易摩擦時に多用された米通商法301条を発動し、一方的な制裁に乗り出すことを検討しており、早ければ週内にも発表する可能性があるという。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、トランプ政権は301条発動の検討を通じ、米企業が保有する知的財産権の保護の徹底のほか、米企業が中国に進出する際に技術移転を求められる状況の改善を中国政府に迫る狙いがあるという。ロス商務長官は1日付の同紙への寄稿で中国と欧州連合(EU)を名指しして「やっかいな非関税障壁を設けている」と批判していた。

 301条は74年制定の米通商法に盛り込まれた条項で、貿易相手国について米国が一方的に不公正な貿易慣行が行われているかどうか判断し、高関税の実施など制裁発動を可能にした。日米貿易摩擦では日本に市場開放など譲歩を迫る手段として使われたが、95年に発足した世界貿易機関(WTO)はこうした一方的措置を認めておらず、トランプ政権が制裁に踏み切れば、中国も対抗措置に出る可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです