メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ自動車

残業代保証新制度 45時間超は追加支給

トヨタ自動車の豊田章男社長=東京都文京区のトヨタ自動車東京本社で2017年5月10日、宮間俊樹撮影

 トヨタ自動車は、残業時間に関係なく毎月45時間分の残業代を支給する新制度を導入する方針だ。主に30代の総合職が対象で、従来の裁量労働制と違い、実際の残業が45時間を超えれば残業代を追加支給するのが特徴。一定額以上の残業代を保証しながら社員に効率の良い働き方を促し、生産性を高める狙いがある。

 既に労働組合に新制度案を提示しており、12月の導入を目指す。また、トヨタは総合職で導入済みの在宅勤務制度について、育児や介護を行う一般職の社員にも対象を広げることを決定。12月から適用する。

 一定額以上の残業代を保証する新制度は、事務や研究開発に携わる係長級の約7800人が対象。社員が適用…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです