メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいスタイル@ストリート

(65)デザイン性重視の帽子

秋冬から引き続き人気のベレー帽=日本ファッション協会提供

 今季の帽子の2大トレンドは、ベレー帽とキャップ。秋冬から人気で、素材を夏仕様に変えながら勢いが持続している。ベレー帽はメッシュ素材かストロー素材が基本。決めすぎた装いには抜け感を、カジュアルな装いにはクラシックな雰囲気をプラスしてくれる。とりあえずかぶっておけばコーディネートがワンランクアップする万能アイテムだ。キャップで人気なのは、浅めの野球帽「ローキャップ」。ストリートを見てみると、飾りが全くない無地かワンポイントがほとんどで、シンプルなものが今年の気分なのだろう。

 また今季、忘れてはいけないのはリバイバルアイテム。数年前、爆発的に人気だった「カンカン帽」と「キャスケット」が再登場した。カンカン帽とは頭頂部が平らになっているハットで、主に軽いストロー素材で作られている。つば広ハットなどと比べるとベーシックで爽やかな印象のため、どんなテイストにも合わせやすい。キャスケットはふんわりした形が独特で、レトロなスタイルにも合わせやすく、人気が加速している。

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです