特集

毎日フォーラム

「官と民」「中央と地方」をつなぐ政策情報誌「毎日フォーラム」の記事を掲載しています。

特集一覧

毎日フォーラム・牧太郎の信じよう!復活ニッポン

女帝・小池都知事は首相になれるか?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

松谷天光光、佐藤昭子、土井たか子……生き方イロイロ

 1946年4月、戦後初の衆院選。一気に39人の女性議員が当選した。その中で、異彩を放った松谷天光光のことを記憶している方は少ないだろう。今回は、この個性的な名前の女性のことから始めよう。

 戦前、財をなした実業家・松谷正一氏は長女を「天光光」、次女を「天星丸」(てんほしまる)三女を「天飛人」(あまひと)と命名した。政治好きだったからである。正一氏は「明治維新の志士のような革命家になって欲しい」という願いを込めて命名した。

 その父の願いを実現したのは長女、天光光だった(2人の妹は医師、公認会計士となっている)。青山学院、東京女子大学英語専攻部、早稲田大学法学部を次々に卒業。第二次世界大戦の末期の44年、海軍省報道部嘱託を務め、全国の海軍工廠をめぐり勤労動員のカウンセラーをしていた。ジャーナリスト風であり、軍部の広報官であり、 多分、この頃、誰よりも賢い女性エリートのひとりだった。

この記事は有料記事です。

残り2134文字(全文2553文字)

あわせて読みたい

注目の特集