メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ドラマや映画って本当に体力勝負。健康に気をつけてしっかり働き続けたいですね」=東京都千代田区で、中村藍撮影

 どこか影のあるツッパリ少女「モナリザ」を演じたドラマ「不良少女とよばれて」(TBS系)でブレークした。当時、17歳。高校のラグビー部が舞台の「スクール・ウォーズ」では、馬上から不良たちを蹴散らすミステリアスな美少女に。「演じた役と本来の自分が重なるところは全くなかったです。“本物の不良”がどんな人たちかさえ知らなかったんですから」。30年以上前を振り返り、「アハハハ」と屈託なく笑う。昨年末で50歳を迎えた。全身からエネルギーがほとばしる。

 内気な性格を直そうと、6歳の時、母に連れられ東映児童部研修所へ。演技のレッスンを重ねるうち、「いつか主役を演じたい」と夢見るようになった。だが何年たってもエキストラしか回ってこない。もう無理かとあきらめかけていた中学生の時、TBS系の時代劇「江戸を斬る」にゲスト出演するチャンスに恵まれた。

この記事は有料記事です。

残り1512文字(全文1880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです