メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

夜明けの祈り 女性たちの救済と解放

 第二次世界大戦の終戦直後、ポーランドの修道院で起きた実話を元にした作品。想像を絶する苦難に見舞われた修道女たちと、使命感に基づき行動した若き女性医師の物語だ。

 1945年、ポーランド。フランス赤十字の一員として働く医師マチルド(ルー・ドゥ・ラージュ)はある日、修道女の訪問を受け、遠く離れた修道院を訪ねる。そこでは、戦争末期にソ連兵の蛮行によって身ごもった多数の修道女がいた。マチルドは職場や恋人にも内緒で修道院に通い、彼女たちを診察し続ける。

 ココ・シャネルの半生を描いた「ココ・アヴァン・シャネル」などで知られる女性監督アンヌ・フォンテーヌ…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1358文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです