メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

あす未明に開幕 女子メダル獲得、通算最多タイ フェリックス、14個目前 「目標に集中」静かに闘志

世界選手権への意気込みを語るフェリックス=小林悠太撮影

 【ロンドン新井隆一】4日(日本時間5日未明)に当地で開幕する陸上の世界選手権で、短距離のアリソン・フェリックス(米国)が女子の大会通算メダル獲得数のトップを目指す。これまで13個(金9、銀3、銅1)を獲得し、歴代1位のマーリーン・オッティ(ジャマイカ)の14個まであと一つ。11月で32歳になるベテランは9日が決勝の女子400メートルに出場する。

 400メートルは2015年北京大会でも優勝。今季も7月に49秒65をマークし、世界ランキング1位で…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文757文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです