連載

サッカーマインド

東口順昭選手、鮫島彩選手、丸山祐市選手らが交代で執筆。ピッチにかけるサッカーへの思いを語ります。

連載一覧

サッカーマインド

監督解任、強い危機感=柱谷幸一

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 サッカーJ1浦和のペトロビッチ監督が解任された。2012年から5シーズン半にわたって指揮を執り、浦和を立て直した。昨年はルヴァン杯で優勝し、リーグ戦でも前後期を通して最も多い勝ち点を獲得した。いわばクラブの功労者だ。

 鹿島の監督交代も同じような例と言える。石井前監督は昨年リーグ戦と天皇杯全日本選手権を制し、クラブワールドカップ(W杯)準優勝という快挙も達成した。今季は大型補強も行い、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇、クラブW杯出場を狙っていただけに、その胸中は察するに余りある。

 浦和はACLでベスト8に勝ち残り、2連覇のかかるルヴァン杯もこれから。どちらもタイトルの可能性はある。鹿島も監督交代時点でリーグ戦は7位。ACLで敗退したとはいえ、リーグ制覇を断念する成績ではなかった。しかし、両クラブはチーム再建に功績のあった監督を切った。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文886文字)

あわせて読みたい

注目の特集