メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和イベント

歌に刻む原爆 長崎大医学部出身の音楽ユニット

 長崎大医学部出身で、福岡で医師として働きながら音楽活動を続ける2人組のユニット「Insheart(インスハート)」が7~9日、長崎市内である平和イベントで、被爆者の体験を基にした曲を披露する。タイトルは「おばあちゃんの のこしもの」。若い人にも平和や命の大切さを実感してもらえるようにと、被爆者の祖母を見つめる子どもの目線で詞を書いた。【浅野翔太郎】

 小さな子の写真の前 手を合わせている おばあちゃんの眉間(みけん)に しわがよって笑顔が消える 震える背中 8月9日

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木下優樹菜さん引退 所属事務所が発表 1日に活動再開したばかり

  2. 他県への移動 都は「自粛を」 国は「必要ない」 また足並みに乱れ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  5. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです