メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護ロボット

普及で負担軽減 購入事業者に道が半額補助 体験型展示施設で商品紹介 /北海道

コミュニケーション用のぬいぐるみ型ロボット

人手不足時代、頼もしい味方

 介護業界で人員不足が深刻化する中、職員の負担軽減や効率化を目的に介護ロボットを普及させようという試みが道内でも広がっている。道の推計で介護を必要とする人は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年度に約42万人に増える一方、職員は1万人以上不足すると見込まれている。道は事業者が購入する際の補助金を増額するなどして、普及を進めたい考えだ。【安達恒太郎】

 札幌市白石区に今年1月設けられた介護ロボットの体験型ショールーム「ロボクラス」。市内で高齢者向け住…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1090文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  4. キューバ 旅客機墜落 死者は110人に
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]