メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

県立盛岡一高/1 歴史作る意識身につく 大手薬局「村源」会長・村井研一郎さん /岩手

村井研一郎さん

1946年度卒

 ぐるっと東北「母校をたずねる」8、9月は、県立盛岡一高編。1880(明治13)年に「公立岩手中学校」として創設された伝統校だ。初回は盛岡市内の大手薬局「村源」会長、村井研一郎さん(87)=1946年度卒。過酷な肉体労働、空襲の恐怖--。太平洋戦争の真っただ中、入学した村井さんは、長い同高の歴史を作る一員となるという自覚が、その後の人生観につながったと語る。【小鍜冶孝志】

 私が入学したのは42年、5年制の旧制盛岡中学校でした。太平洋戦争が始まった翌年で、全国的に労働力が…

この記事は有料記事です。

残り2023文字(全文2267文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです