メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

テレワークの効用=西川恵

 <kin-gon>

 政府がテレワーク(ITを活用した、場所や時間にとらわれない働き方)の普及促進に旗を振っている。ただ日本の場合、会社に出勤せず家で仕事ができるとのイメージにとどまっている。実は夫婦共働き世帯にこそテレワークは強い味方になる。その一例を紹介しよう。

 カナダ・ケベック州政府の在日代表は女性のクレール・ドゥロンジエさん。国際関係省から派遣されて4年。夫のクロード・フラデット氏と東京都港区内の公邸で暮らす。フラデット氏は同じ州公務員だが移民・多様性・統合省の所属で、本省とはテレワークでやり取りをしている。

 「妻の日本への異動の話があった時、ぜひ受けるべきだと勧めました。彼女の能力を生かす最適のポストと思ったからです。私はテレワークでやれないか、省の幹部に相談して了承を得ました」

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです