メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
金言

テレワークの効用=西川恵

 <kin-gon>

 政府がテレワーク(ITを活用した、場所や時間にとらわれない働き方)の普及促進に旗を振っている。ただ日本の場合、会社に出勤せず家で仕事ができるとのイメージにとどまっている。実は夫婦共働き世帯にこそテレワークは強い味方になる。その一例を紹介しよう。

 カナダ・ケベック州政府の在日代表は女性のクレール・ドゥロンジエさん。国際関係省から派遣されて4年。夫のクロード・フラデット氏と東京都港区内の公邸で暮らす。フラデット氏は同じ州公務員だが移民・多様性・統合省の所属で、本省とはテレワークでやり取りをしている。

 「妻の日本への異動の話があった時、ぜひ受けるべきだと勧めました。彼女の能力を生かす最適のポストと思…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1003文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです