メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

広島原爆の日「登校日」中止=竹下理子(広島支局)

8月6日の集会に向けて打ち合わせをする卒業生ら=広島市中区の基町小で7月18日、竹下理子撮影

平和教育、衰退させるな

 広島市立小中学校の多くで実施されてきた広島原爆の日(8月6日)の登校日が、今年は取りやめになる。私の出身地の長崎では、長崎原爆の日(8月9日)は登校日だった。当時は意識しなかったが、この日の大切さが心と体に刻み込まれた。被爆地で何が起きたのかを伝える仕事に就きたいと思った原点だ。広島市の取りやめ理由は行政上の都合だが、平和教育の衰退につながるのではないかと危惧している。復活させるべきだと思う。

この記事は有料記事です。

残り1842文字(全文2052文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]