メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

新移民政策で応酬 記者「人種で区別か」、大統領補佐官「愚かな発言」

 【ワシントン高本耕太】米ホワイトハウスで2日開かれた記者会見で、トランプ米大統領の新たな移民制度改革案を説明したミラー大統領補佐官とキューバ移民の息子であるCNNテレビの記者が激しい口論を展開した。6分間以上続いた応酬は、トランプ政権とメディアの深刻な相互不信も浮き彫りにした。

 新改革案は、永住権(グリーンカード)の年間発行数を半減することが柱。ミラー氏は移民・難民に強硬な姿勢で知られ、イスラム圏の国からの入国禁止令の策定…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです