メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

四日市工場棟に単独投資 WDと協議決裂

 経営再建中の東芝は3日、半導体フラッシュメモリーの生産拠点の四日市工場(三重県)で建設中の新製造棟(第6棟)への設備投資を単独で行うと発表した。当初はこれまでと同様に合弁パートナーの米ウエスタン・デジタル(WD)と共同投資することを検討していたが、半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却を巡って対立していることから協議がまとまらなかった。【古屋敷尚子】

 建設中の第6棟は、記憶容量が大きい次世代型メモリーの量産拠点で、東芝が単独で約1950億円を投資。…

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 横浜F・マリノスが15年ぶりJ1制覇 FC東京降す

  5. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです