特集

九州北部豪雨

2017年7月、九州北部を中心に活発な前線の影響で記録的な大雨に見舞われ、大規模な河川の氾濫、住宅や施設の孤立が相次いだ。

特集一覧

九州北部豪雨

あす1カ月 避難生活なお1200人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福岡、大分両県を襲った九州北部豪雨は5日で発生から1カ月となる。36人の犠牲者を出し、なお5人の行方不明者がいる被災地では、現在も避難所や公営住宅など自宅以外での避難生活を余儀なくされている人が両県で計1200人以上に上る。親族宅などに身を寄せている被災者もおり、実態はさらに多いとみられる。

 両県などの3日までの集計によると、学校…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文370文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集