メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鍛錬の夏

平昌五輪まで半年/2 カーリング 肉体改革、妻支え

妻七重さん(右奥)の指導でトレーニングする山口

 カーリング選手のオフシーズンは、短い。男子で20年ぶりの五輪出場を決めたSC軽井沢クは4月までのワールドツアーで昨季を終えると、7月には北海道北見市での今季初戦に臨んだ。その間の約2カ月のトレーニングは個人に任されていたが、チームの2番手として投げるセカンドの山口剛史(32)は妻でピラティス講師の七重さん(33)と肉体改革に取り組んだ。

 ストーンを投げる、決まった位置でスイープ(ブラシで掃く)する--。約3時間の試合を1日2試合こなすことも多いカーリング選手の体は、同じ動きを繰り返すことで「ずれ」が生まれる。七重さんいわく、山口は「スイープする時に左足に多く体重をかけ、左肩にも負担がかかりやすい」状態。そのため左半身に痛みが集中する。均整の取れた体作りをテーマに5月、2人はアスリート専門のピラティスのプログラムを受講するためハワ…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです