特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

アクセス

世界陸上あす開幕 つかめ9秒台サニブラウン 100、200に出場「素質より学び」開花

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <access>

 5日(日本時間)にロンドンで始まる陸上の世界選手権で、日本代表サニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=への期待が高まっている。6月、大阪での日本選手権で100メートルと200メートルの2冠に輝き代表に選ばれた。いったいどんな選手なのか。【岸達也】

 日本は世界選手権の男子100メートルに3人、同200メートルに2人を派遣する。サニブラウンは最も若く、唯一両方に出場する。

 日本生まれで、父はガーナ出身。母は日本人で高校時代に陸上選手だった。それでも、中学、高校と6年間指導した東京・城西高の山村貴彦教諭は「ハーフだから活躍すると言いたがる人もいるが、違う」と語る。実際、100メートルでガーナの国内記録9秒98は日本を0秒02上回るが、200メートルでは日本の20秒03がガーナを0秒12上回っている。「友人や家族に恵まれ、素朴で何でも学ぼうとしてきたので、ここまで強く…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1270文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集