メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新しいファッションとの出合いを提供したい」と語るキーザンキーザンの井上大輔代表取締役=大阪市内で、管知美撮影

 レンタルできるファッションと聞いて、礼服や着物を思い浮かべた人はもう古い。今、流行の普段着や小物を借りられるサービスが増えつつある。スタイリストが着こなしをアドバイスしてくれたり、気に入れば買い取れたり。利便性が受け、若い世代だけでなく40~50代にも利用者層が広がっている。【反橋希美、写真・菅知美】

この記事は有料記事です。

残り1686文字(全文1838文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]