メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新しいファッションとの出合いを提供したい」と語るキーザンキーザンの井上大輔代表取締役=大阪市内で、管知美撮影

 レンタルできるファッションと聞いて、礼服や着物を思い浮かべた人はもう古い。今、流行の普段着や小物を借りられるサービスが増えつつある。スタイリストが着こなしをアドバイスしてくれたり、気に入れば買い取れたり。利便性が受け、若い世代だけでなく40~50代にも利用者層が広がっている。【反橋希美、写真・菅知美】

この記事は有料記事です。

残り1686文字(全文1838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米感染者2500万人超す 死者は41万人超 いずれも世界最多

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. ORICON NEWS 香取慎吾、『おはスタ』5年ぶり出演で笑顔「おーはー」「おっはー」 瑛人の「香水」歌い出す

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです