メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新しいファッションとの出合いを提供したい」と語るキーザンキーザンの井上大輔代表取締役=大阪市内で、管知美撮影

 レンタルできるファッションと聞いて、礼服や着物を思い浮かべた人はもう古い。今、流行の普段着や小物を借りられるサービスが増えつつある。スタイリストが着こなしをアドバイスしてくれたり、気に入れば買い取れたり。利便性が受け、若い世代だけでなく40~50代にも利用者層が広がっている。【反橋希美、写真・菅知美】

この記事は有料記事です。

残り1686文字(全文1838文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです