森友学園

寄付4億円を偽装 名義の社長「判押しただけ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
森友学園が計画していた「瑞穂の国記念小学校」=本社ヘリから山崎一輝撮影
森友学園が計画していた「瑞穂の国記念小学校」=本社ヘリから山崎一輝撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市)の前理事長、籠池泰典容疑者(64)が2015年、小学校の設置を認可する大阪府に財務状況を良く見せるため、約4億円の寄付を受けたように偽装していたことが分かった。学園関係者によると、「大口寄付者」とした3社の入金は実際にはなく、別のコンサルタント会社の名義で約4億円が入金されていた。一時的に資金があるかのように装う「見せ金」だった疑いがあり、大阪地検特捜部も資金の流れを調べている。

 学園は14年10月、府私立学校審議会(私学審)に小学校の設置認可を申請した。建設費については金融機関の融資を受けず、寄付金などでまかなうと説明。既に寄付した約350人の名簿(計約1700万円)のほか、2社の役員がそれぞれ2億円と7000万円を寄付するという「寄付申込書」も提出した。

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文943文字)

あわせて読みたい

ニュース特集