メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

男優が毎月お茶会で語る「業界のありのまま」

「お茶友の会」でAV業界について語る辻丸さん。この日のテーマは、出演強要問題だった=中嶋真希撮影

 だまされてアダルトビデオ(AV)に出演させられたなどの強要問題が表面化して1年。経歴30年の現役AV男優、辻丸さん(56)が、「当たり前の人たちが働いている業界だと知ってほしい」と毎月一度、異業種が交流する「お茶友の会」で集まりを開き、一般の人たちに向けてAV業界についての話をしている。「AVを取り締まる過剰な法規制には反対だが、被害者はいなくなってほしい。まずは業界のありのままを伝えたい」と発信を続けている。【中嶋真希】

 平日の夜、東京・新宿のカフェに男女8人が集まった。「お茶友の会」は、コーヒーを飲みながら辻丸さんと語らう。トークショーや講演会と違い、質問をするのも気楽だ。参加者に飲み物が運ばれると、辻丸さんが静かに語り始めた。

この記事は有料記事です。

残り1911文字(全文2232文字)

中嶋真希

2006年毎日新聞社入社。静岡支局、毎日小学生新聞などを経て15年10月からデジタルメディア局。東日本大震災の影響で統廃合した宮城県石巻市の小学校や、性的少数者、障害者の社会進出などについて取材を続けている。共著書に「震災以降 終わらない3・11-3年目の報告」(三一書房)がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです