メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米・対露制裁法

EUが懸念も 天然ガス依存への影響で

 【ブリュッセル八田浩輔】米国で成立したロシア制裁強化法に欧州連合(EU)が神経をとがらせている。天然ガスをロシアに依存する欧州の関連企業への影響が懸念されるためだ。EUは米国への対抗措置もちらつかせ、対露制裁を巡る米欧の結束に暗雲も漂う。

 「我々の経済的利益を守らなければならない」。ユンケル欧州委員長は2日、独ラジオ局のインタビューに語った。新法では、ロシア産天然ガスの輸出手段であるパイプライン事業が新たに制裁分野に加わり、EU側は、パイプラインの維持管理や建設にかかわる欧州の企業も罰金など制裁の対象になり得ると不安視している。

 特にドイツは独露間で建設中の海底パイプライン「ノルド・ストリーム2」(NS2)への影響を懸念。NS…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです