メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米・対露制裁法

EUが懸念も 天然ガス依存への影響で

 【ブリュッセル八田浩輔】米国で成立したロシア制裁強化法に欧州連合(EU)が神経をとがらせている。天然ガスをロシアに依存する欧州の関連企業への影響が懸念されるためだ。EUは米国への対抗措置もちらつかせ、対露制裁を巡る米欧の結束に暗雲も漂う。

 「我々の経済的利益を守らなければならない」。ユンケル欧州委員長は2日、独ラジオ局のインタビューに語った。新法では、ロシア産天然ガスの輸出手段であるパイプライン事業が新たに制裁分野に加わり、EU側は、パイプラインの維持管理や建設にかかわる欧州の企業も罰金など制裁の対象になり得ると不安視している。

 特にドイツは独露間で建設中の海底パイプライン「ノルド・ストリーム2」(NS2)への影響を懸念。NS…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです