宗教サミット

平和願い「鎮魂の祈り」 20カ国から参集

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
球体に折り鶴を入れたオブジェ(手前左)を囲み黙とうする国内外の宗教者たち。奥は京都市街地=京都市山科区で2017年8月3日午後8時15分、大西岳彦撮影
球体に折り鶴を入れたオブジェ(手前左)を囲み黙とうする国内外の宗教者たち。奥は京都市街地=京都市山科区で2017年8月3日午後8時15分、大西岳彦撮影

 京都市山科区にある天台宗青蓮院門跡の飛地境内「将軍塚青龍殿」で3日夜、世界約20カ国の宗教者が戦争や災害の犠牲者を追悼する「鎮魂の祈り」が営まれた。仏教やキリスト教、イスラム教などの指導者が一堂に会し、宗教・宗派を超え、平和を願った。

 世界の宗教指導者が参加して1987年に開かれた「比叡山宗教サミット」30周…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

あわせて読みたい

注目の特集