メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

サニブラウンに期待 「素質より学び」開花

ロンドン大会男子100m、200mの日本代表は?

 5日(日本時間)にロンドンで始まる陸上の世界選手権で、日本代表サニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=への期待が高まっている。6月、大阪での日本選手権で100メートルと200メートルの2冠に輝き代表に選ばれた。いったいどんな選手なのか。【岸達也】

 日本は世界選手権の男子100メートルに3人、同200メートルに2人を派遣する。サニブラウンは最も若く、唯一両方に出場する。

 日本生まれで、父はガーナ出身。母は日本人で高校時代に陸上選手だった。それでも、中学、高校と6年間指導した東京・城西高の山村貴彦教諭は「ハーフだから活躍すると言いたがる人もいるが、違う」と語る。実際、100メートルでガーナの国内記録9秒98は日本を0秒02上回るが、200メートルでは日本の20秒03がガーナを0秒12上回っている。「友人や家族に恵まれ、素朴で何でも学ぼうとしてきたので、ここまで強く…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです