メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

世界最速 最後こそ、打倒ボルト 男子100

(左から)コールマン、ガトリン、ブレーク

燃えるライバルたち ロンドンで4日開幕

 【ロンドン小林悠太、新井隆一】男子100メートルと200メートルで五輪3連覇のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が4日(日本時間5日未明)に開幕する陸上の世界選手権(ロンドン)を最後に現役を引退する。世界中のスプリンターは「打倒ボルト」のラストチャンスとなる男子100メートルに強い覚悟で挑む。

 21歳のクリスチャン・コールマン(米国)は今季世界最高の9秒82を出し、一気に世界トップの仲間入り…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文794文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです