メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SNS

ツイッターで救助要請 果たして有効? 消防庁に聞いてみた

ツイッター社が紹介している救援要請ツイートの模範例=ツイッタージャパン社提供

 「祖父母が孤立しています。#救助」「停電で携帯充電もできない。#救助」。7月の九州北部豪雨で、ツイッターに救助要請の投稿が相次いだ。ところが、要請の方法を紹介した新聞記事が被災地外でキーワードの「#救助」つきで拡散され、肝心のSOSが埋もれてしまっていた。この事態を問題視する報道もあったが、消防庁に改めて「#救助」の効果を聞くと、予想外の答えが返ってきた。【大村健一】

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1182文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  3. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  4. 初の高校eスポーツ選手権、華々しく開幕 好プレーに歓声
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです