メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

井上ひさしさん戯曲「父と暮せば」英訳公開 英語感想文を募集

映画「父と暮せば」のワンシーン(C)2003 The Face of Jizo partners

 広島原爆をテーマにした故・井上ひさしさんの戯曲「父と暮せば」の英訳全文が、6日から毎日新聞の英文サイト「The Mainichi(ザ・マイニチ)」で公開されます。これを機にThe Mainichi編集部と広島支局は共同で、世界の若者から英語の感想文を募集します。

     「父と暮せば」は、原爆の悲惨さを多くの人に伝えるため、あえてコメディーとして執筆され、2004年には宮沢りえさん主演で映画化もされました。今回は、井上さんの妻・ユリさんと翻訳者のロジャー・パルバースさんの好意で、8月6日から10月31日まで全文が公開されます。

     感想文の応募は、応募時に13~23歳で、英語で1000words以内の作品であることが条件です。締め切りは10月31日。

     詳細はhttp://mainichi.jp/english/the_face_of_jizo/ でご紹介しています。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米国 シアトルで列車脱線、高速道に落下 複数死傷か
    2. ホーム転落死 緑内障、視野限られ 薬剤師、出勤途中
    3. 関西50年前 【昭和42年8月23日】阪急梅田駅の新ホーム
    4. リニア不正 「南アトンネル」も調整か 鹿島部長を聴取
    5. 生活保護費 母子加算削減に怒り悲鳴「負の連鎖招く」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]