メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

男子100 日本勢3人準決へ 史上初

 【ロンドン新井隆一】陸上の世界選手権ロンドン大会は4日、ロンドン競技場で開幕した。男子100メートル予選で日本勢のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)、多田修平(関学大)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の3人が5日(日本時間6日未明)の準決勝に進出した。日本勢3人全員がこの種目で同時に準決勝に進むのは五輪、世界選手権を通じて史上初。

 サニブラウンは自己ベストタイの10秒05(向かい風0・6メートル)で2組1着。多田は10秒19(追…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1458文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです