メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

移民政策テーマに本を出版 毛受敏浩さん

 「移民政策の議論を避け続けると、日本の衰退は決定的になる」と語るのは、日本国際交流センター執行理事の毛受敏浩(めんじゅとしひろ)さん(62)。移民受け入れを提言する著書「限界国家」(朝日新聞出版)を6月、刊行した。

 原点は兵庫県庁職員だった30代の頃、米国の大学院で学んだ経験だ。異文化で暮らすことがいかに人生観に深みを与えるものかを体感した。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  4. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです