メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

UNHCR駐日代表

館林にロヒンギャ訪問 学習教室など /群馬

須藤和臣市長(右)と握手を交わすヘベカー駐日代表=館林市役所で

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のダーク・ヘベカー駐日代表は4日、ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が多く暮らす館林市を訪れた。日本語習得や子どもたちのための学習支援教室などの様子を見て回った。昨年の着任後、館林を訪問するのは初めて。

 ミャンマー西部に暮らすロヒンギャは、政府から国籍を認められてお…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  5. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]