特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

組み合わせ決定 二松学舎大付VS明桜、東海大菅生VS高岡商 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
健闘を誓い握手する明桜の早川隼喜主将(左)と二松学舎大付の松江京主将=大阪市北区のフェスティバルホールで、三村政司撮影
健闘を誓い握手する明桜の早川隼喜主将(左)と二松学舎大付の松江京主将=大阪市北区のフェスティバルホールで、三村政司撮影

 夏の甲子園の組み合わせ抽選会が4日、大阪市北区のフェスティバルホールで開かれた。東東京代表の二松学舎大付は大会第6日第3試合(12日午後1時開始)の2回戦で秋田代表の明桜と、西東京代表の東海大菅生は第7日第2試合(13日午前10時半開始)の2回戦で富山代表の高岡商と、それぞれ対戦することが決まった。

 抽選会は午後4時に始まり、47都道府県49地区代表の監督、選手らが出席した。東京は北海道とともに代表校2校が出場するため、両校が初戦から対戦しないよう他府県の代表より先に抽選した。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文791文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る