特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

組み合わせ抽選会 松商学園、初戦は土浦日大 大会2日目、第2試合で /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
健闘を誓い握手する松商学園の藤井大地主将(左)と土浦日大の三村航平主将=大阪市北区のフェスティバルホールで
健闘を誓い握手する松商学園の藤井大地主将(左)と土浦日大の三村航平主将=大阪市北区のフェスティバルホールで

 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で7日に開幕する第99回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が4日、大阪市北区のフェスティバルホールであった。長野代表の松商学園は大会第2日の8日、第2試合(午前10時半開始)で茨城代表の土浦日大と対戦することが決まった。松商学園の藤井大地主将(3年)は「自信を持って臨みたい」と意気込んだ。

 抽選会は午後4時に始まった。地方大会を勝ち上がった49チームの選手、監督らが見守る中、藤井主将が抽選札を引き、先に抽選を終えていた土浦日大との対戦が決まった。松商学園の選手たちは、落ち着いた様子で組み合わせの結果を受け止めていた。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文575文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る