メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党

細野氏離党表明へ波紋 「慰留・賛同」割れる意見 /静岡

 民進党の細野豪志衆院議員(静岡5区)が4日、自らの党内グループの会合で離党の意向を表明し、県内に波紋が広がっている。政権交代の受け皿となる新党結成を目指すとするが、慰留したいとする県議がいる一方、「現状に一石を投じる動きだ」と賛同する県議もおり、支持者の意見は割れている。

 この日の会合の出席者によると、会合では、細野氏の行動を疑問視する声が相次いだものの「新たな受け皿をつくるべきだ」と賛同する人もいたという。

 民進県連の岡本護幹事長は党の代表選が控えていることに触れ「過去に代表選に出た経緯もあるので、今回も出馬して党を立て直す選択肢もある。党に残ってほしい」と慰留する意向を示した。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  2. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです