メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

夏休み自由研究をお助け 各地で子ども向けイベント /和歌山

2016年の「チャレンジ! ジュニア考古学」で優秀作品に選ばれた小、中学生たち=和歌山市岩橋の県立紀伊風土記の丘提供

考古学や科学実験、多彩に

 今年の夏休みも子どもたちの「自由研究」の強い味方となる催しが県内各地である。

 県立紀伊風土記の丘(和歌山市岩橋)は企画「チャレンジ! ジュニア考古学」を展開。「考古学に挑戦し、夏休みの自由研究に使ってもOK」とPRしている。今年が4回目で小、中学生が社会科や歴史的分野の内容に自由に取り組む。応募作はすべて資料館に展示され、優秀作品に選ばれた児童、生徒は研究発表会で表彰を受ける。昨年度の発表会と表彰式は12月23日にあり、小学生の部・最優秀賞は、和歌山市立貴志小の6年生だった渚沢みなみさんの「埴輪(はにわ)について」だった。

 理系のテーマを取り扱う県立自然博物館(海南市船尾)は「地域の自然に目を向け、記録を残すことに興味を…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです