メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

トヨタ・マツダ資本提携 EV出遅れ、危機感 IT企業参入に対抗

広がるトヨタの提携関係

 トヨタ自動車とマツダの資本提携の背景には、電気自動車(EV)や自動運転など次世代技術の開発競争が業種を超えて激化していることへの危機感がある。トヨタはこれまでハイブリッド車(HV)で先行していたが、EVでは出遅れており、マツダとの共同開発を巻き返しの契機にしたい考え。世界各国で環境規制の強化が進んでおり、EVの開発競争は今後、一段と激しくなりそうだ。

 「我々の前にはグーグルやアマゾン、アップルといったプレーヤーが登場している。未来は決して自動車会社だけで作れるものではない」。4日夜に記者会見したトヨタの豊田章男社長は、IT関連企業が自動車業界に与えている影響の大きさを強調した。

この記事は有料記事です。

残り1758文字(全文2051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです