メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

トヨタ・マツダ資本提携 EV出遅れ、危機感 IT企業参入に対抗

広がるトヨタの提携関係

 トヨタ自動車とマツダの資本提携の背景には、電気自動車(EV)や自動運転など次世代技術の開発競争が業種を超えて激化していることへの危機感がある。トヨタはこれまでハイブリッド車(HV)で先行していたが、EVでは出遅れており、マツダとの共同開発を巻き返しの契機にしたい考え。世界各国で環境規制の強化が進んでおり、EVの開発競争は今後、一段と激しくなりそうだ。

 「我々の前にはグーグルやアマゾン、アップルといったプレーヤーが登場している。未来は決して自動車会社だけで作れるものではない」。4日夜に記者会見したトヨタの豊田章男社長は、IT関連企業が自動車業界に与えている影響の大きさを強調した。

この記事は有料記事です。

残り1758文字(全文2051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです