メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

トヨタ・マツダ資本提携 EV出遅れ、危機感 IT企業参入に対抗

広がるトヨタの提携関係

 トヨタ自動車とマツダの資本提携の背景には、電気自動車(EV)や自動運転など次世代技術の開発競争が業種を超えて激化していることへの危機感がある。トヨタはこれまでハイブリッド車(HV)で先行していたが、EVでは出遅れており、マツダとの共同開発を巻き返しの契機にしたい考え。世界各国で環境規制の強化が進んでおり、EVの開発競争は今後、一段と激しくなりそうだ。

 「我々の前にはグーグルやアマゾン、アップルといったプレーヤーが登場している。未来は決して自動車会社…

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2051文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです