メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ASEAN地域フォーラム

北朝鮮参加可否、議論へ 米は排除主張

 【マニラ福岡静哉】東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の一連の外相会議が4日、フィリピンの首都マニラで始まった。このうち7日開催のASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議について、米国が来年以降、北朝鮮を参加国から排除すべきだと主張しているのに対し、北朝鮮と友好関係にあるASEANの一部の国が反発、日本や中国、韓国なども交えて激しい議論が展開されそうだ。

 米国務省は2日、北朝鮮を国際的に孤立させるため、来年以降、ARFから排除する案を関係国と協議していることを明らかにしていた。これに対し、スリン・ピッスワン前ASEAN事務局長(元タイ外相)は4日、ASEAN関連の会議で「ASEANはこの案に抵抗すべきだ。ARFは北朝鮮と協議できる数少ない機会であり、我々は(北朝鮮問題の解決に)貢献したい。この会場にいる皆さんも同じ気持ちだと思う」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです