メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新閣僚に聞く

防衛相・小野寺五典氏/農相・斎藤健氏

小野寺五典氏=丸山博撮影

情報公開の意識改革 防衛相・小野寺五典氏(おのでら・いつのり)氏(57)

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の派遣部隊の日報問題では、再発防止を徹底し、国民の信頼回復に向けて全力で取り組む。情報公開への対応が不適切だったのみならず、内部からの情報流出をにおわせる報道が相次ぎ、防衛省・自衛隊のガバナンス(統治)への信頼を損なった。任務に当たる隊員の士気を低下させかねず、極めて重大で深刻だ。

 問題の根本は、情報公開の重要性に対する認識が十分でなく、内局、統幕、陸幕の意思疎通が十分なされていなかったこと。教訓を生かし隊員の意識を改革し、再発防止策を講じ、風通しの良い組織文化を醸成したい。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです