マウス

赤ちゃん、器用でチュー 霊長類以外にも神経回路 吉田富・米病院准教授ら発見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大脳から筋肉へ指令を伝える神経回路
大脳から筋肉へ指令を伝える神経回路

 ヒトやチンパンジーが手先を器用に動かすために備えている神経回路が、生後間もないマウスにもあることが分かったと、吉田富(ゆたか)米シンシナティ小児病院医療センター准教授(発生学)らの研究チームが米科学誌サイエンスに発表した。マウスは成長過程でこの回路が失われるが、遺伝子操作で失われないようにすると、前脚を器用に動かせたという。

 研究チームは「四足歩行の動物では、前脚が器用になるメリットが少ないのかもしれない」と分析している。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文623文字)

あわせて読みたい

ニュース特集