メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都荒川区の「防災地図(水害版)」。地図には、荒川の堤防が決壊した場合に想定される浸水の深さや高台への避難方向などが示されている

 7月の九州北部豪雨は大規模な河川の氾濫や住宅の孤立などを引き起こし、多くの犠牲者を出した。8、9月は台風が多く発生し、被害が増える季節。水害にどう備えればいいのか改めて確認したい。

 九州北部豪雨は7月5、6日に発生し、福岡、大分両県を中心に甚大な被害をもたらした。今月3日時点で、36人が死亡し、5人が行方不明となっている。福岡県朝倉市、東峰村、添田町と大分県日田市の4市町村が激甚災害に指定される見通しだ。

 近年では、2015年9月の関東・東北豪雨や、昨年8月の台風10号などで多数の犠牲者や甚大な経済的損…

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1670文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです