メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替漁業

2年目も不振 サバ類・マイワシ採算取れず

サケ・マス流し網の代替漁業で水揚げされたマイワシ=根室市花咲港で本間浩昭撮影

 ロシアの排他的経済水域(EEZ)の流し網漁が昨年から禁止されたのを受け、これまで初夏にサケ・マス流し網漁をしていた小型船の漁業者が知事許可によるサバ類とマイワシの「代替漁業」に出漁したが、2年連続採算が取れない状況だった。

 北海道が4日に発表した速報値では、漁獲量は5030トンで前年より2割以上多かった。しかし安値で推移したことから金額は3億1200万円で前年の8割弱にとどまった。漁獲された魚の大半は前年同様、マイワシだった。

 サバ類とマイワシの試験操業に転換して2年目の小型船は、5月10日から根室、釧路、十勝、日高の計19隻が襟裳岬以東の太平洋沖で操業。7月末で終漁した。【本間浩昭】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道 気温上がらず 斜里町で14.9度と5月中旬並み
  2. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 都市対抗野球 大阪ガスが3年ぶり決勝進出 JR東破る
  5. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]