メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

男子1万 英雄ファラーが今季世界最高で3連覇

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権は第1日の4日(日本時間5日未明)、男子1万メートルが行われ、モハメド・ファラー(英国)が今季世界最高の26分49秒51で3連覇を果たした。

 英雄の快走に地元のファンが酔いしれた。レース中盤までは集団の後方に待機する得意のパターン。4000メートル地点で一度、先頭までスルスルと上がる際には、右手で歓声をあおるような仕草でスタンドを盛り上げた。

 その後、再び集団の中に潜んだファラーは残り600メートルで満を持してスパートを見せる。他の選手は必…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文614文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです