メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

ケンブリッジ飛鳥、準決勝進出も「力入った」

 【ロンドン新井隆一】陸上の世界選手権は第1日の4日(日本時間5日未明)、当地で男子100メートル予選が行われた。初出場のケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は10秒21(向かい風0・2メートル)の4組4着だったが、各組3着以内を除くタイム上位6人に入って5日の準決勝に進んだ。

 本来の力を発揮した、とは言い難いレースだったケンブリッジ。スタートから加速に乗れず、得意の後半も今ひとつ。フィニッシュでは横を見て順位を確認したが、自動的…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです