メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

開幕 男子100、日本勢全員準決勝進出の快挙

 【ロンドン新井隆一】陸上の世界選手権ロンドン大会は4日、ロンドン競技場で開幕した。男子100メートル予選で日本勢のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)、多田修平(関学大)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の3人が5日の準決勝に進出した。日本勢3人全員がこの種目で同時に準決勝に進むのは五輪、世界選手権を通じて史上初。

 サニブラウンは自己ベストタイの10秒05(向かい風0.6メートル)で2組1着。多田は10秒19(追…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文395文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです