メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小池知事

豊洲移転最終判断 記録なし ブレーンと協議

小池百合子氏=小川昌宏撮影

 東京都の市場移転問題で、小池百合子知事が公表した豊洲市場(江東区)と築地市場(中央区)の双方に機能を残す「豊洲移転・築地再開発」の方針について、財源や運営費などを検討した記録が残っていないことが、毎日新聞の情報公開請求で判明した。都職員は「知事が外部有識者でブレーンの都顧問らと協議をしたため記録がない」と説明。数千億円規模の巨大プロジェクトの最終判断が「密室」で下され、その資料も存在していないという。知事が改革の「一丁目一番地」とする情報公開も軽視された形だ。

 市場移転を巡っては、公開で実施された庁内組織の「市場のあり方戦略本部」が、6月15日に築地跡地を売…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです