メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ・マツダ資本提携

米に新工場、折半出資

記者会見で握手をするトヨタの豊田章男社長(左)とマツダの小飼雅道社長=東京都中央区で2017年8月4日午後7時45分、西本勝撮影

 トヨタ自動車とマツダは4日、資本提携することで合意したと発表した。両社が500億円を相互に出資し、今年10月にトヨタがマツダ株の5.05%、マツダがトヨタ株の0.25%をそれぞれ取得。電気自動車(EV)の共同開発など次世代自動車の技術協力や、米国での新工場の建設などを進める。

 トヨタはダイハツ工業と日野自動車を傘下に入れ、いすゞ自動車とSUBARUとも資本提携しているが、マツダも新たに陣営に加わる。トヨタとマツダは今後さらに出資比率を高めることも検討するという。

 今回の提携では、両社がEVの基本構造に関する技術を共同開発し、欧米や中国などで強まる環境規制に対応…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです