メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紫式部文学賞

津村記久子さん「浮遊霊ブラジル」

 京都府宇治市は4日、昨年刊行された女性の文学作品が対象の「第27回紫式部文学賞」に芥川賞作家、津村記久子さん(39)の短編集「浮遊霊ブラジル」(文芸春秋)を選んだと発表した。

     受賞作品は、初の海外旅行を前に急死した主人公の幽霊が、さまざまな人に取りついて念願の地を目指すという表題作など7編で構成。読者の共感を呼ぶ今日的な小説と評価された。津村さんは「好きなことばかり書いたような本が、このような形で日の目を見るとは思ってもみませんでした」とのコメントを寄せた。

     11月19日に宇治市で贈呈式があり、紫式部をイメージしたブロンズ像と200万円が贈られる。【富永浩三】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
    2. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
    3. IR実施法案 カジノの客、観光する? 政府は誘導丸投げ 専門家から批判
    4. 猛暑の日本列島 熱中症、3連休で14人死亡
    5. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]