メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

マラソン日本代表「最低でも入賞以上目指す」

世界選手権へ向けて意気込むマラソン日本代表の(左から)中本、川内、井上、安藤、重友、清田=ロンドン市内で2017年8月4日午後3時35分、小林悠太撮影

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権のマラソン日本代表の男女各3選手が4日、ロンドン市内で記者会見を開いた。3回目の出場となる市民ランナーの川内優輝(埼玉県庁)は「今までの世界選手権の前と比べて練習は順調。メダルを狙い、最低でも入賞以上を目指す」と力強く話した。

 現地は最高気温20度台前半と涼しい日が続いており、暑さの苦手な川内は「天候が味方した。あとは自分がやるだけ」と満面の笑み。練習で最長100キロ走を行い「50キロが短く感じる」と豪語する。

 また、他の男子代表の中本健太郎(安川電機)と井上大仁(MHPS)は入賞を目標に掲げる。2013年世…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文728文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです