メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
WEB CARTOP

クルマのボディの鳥糞は除去しないと落ちないシミに! その正しい方法とは

情報提供:カートップ

酸性やアルカリ性など成分もさまざまなので可能な限り早く除去

 突然の落下物。ベチャッと音がしたと思ったら、頭に鳥のフンが付いていた、なんていう経験をもつ人もいるだろう。もちろん、クルマにもよく付く。駐める場所にももちろんよるが、群れて止まっている電線の下だと、ボトボトとボンネットやルーフに炸裂たりする。

 見た目にも凄く悪いのだが、クルマのボディの塗装にも悪い。それもかなりのレベルで、放置すればシミになるほどだ。鳥糞は強烈な酸性とよく言われるが、バードウォッチャーによると「食べるものによって、アルカリ性のこともある」という。いずれにして、塗装によくないのは確かだ。

 また虫の死骸も同様なのだが、猛暑では付いた部分が熱溜まりみたいになって、塗装にダメージを与えるとも言われている。

 いずれにしても、素早く取り除くのが得策である。とはいえ、ここでも注意点があって、ティッシュなどでゴシゴシ取り除いてはダメ。木の実などのカスがフンには含まれていることもあって、なにも気にせずにこすると、キズになってしまうこともある。

 方法としては、乾燥して固まる前なら、水をかけて洗い流してやる。フンはもともとべちゃべちゃしているので、水をかければ流れ落ちていくのだが、このときに水をケチると細かい部分にフンが入り込んだままになってしまいかねないので、多めの水で流してやる。

 そして乾燥してしまったフンはどうするかというと、まずは水をかけて放置。あまり水がないようなら、水を含ませたティッシュを被せておくのもいいだろう。頑固な場合は、お湯を使うと柔らかくなりやすい。いずれにしても、しばらくすると柔らかくなるので、上記で紹介したのと同じように水で洗い流してやる。

 ベストなのは、柔らかいうちに落とすこと。放置すると塗装にシミができることもあるのだが、強烈な酸性やアルカリ性だと、塗装内部までダメージが及んでいて、研磨で落とすことができなくなることもある。事前の対策としては、コーティングをかけておくといいが、やはり見つけたらすぐに除去が一番だ。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. あおり運転各地で繰り返した可能性 43歳男を傷害容疑で指名手配

  4. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです