第99回全国高校野球

花咲徳栄・鰺坂さん(2年) 埼玉に残り、監督代役 チーム支える学生コーチ /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新チームの部員らにノックを打つ鰺坂亮裕さん=加須市花崎の花咲徳栄高校で
新チームの部員らにノックを打つ鰺坂亮裕さん=加須市花崎の花咲徳栄高校で

 夏の甲子園の開幕を7日に控え、県代表の花咲徳栄の選手たちから離れ、母校のグラウンドを守り続ける部員がいる。「学生コーチ」を務める鰺坂亮裕さん(2年)。ノック練習やチーム運営など選手たちを陰で支えている。甲子園の土を踏むことはできないが、勝利を目指す気持ちは選手たちと同じだ。

 「今のは捕れるぞ」「そうそう、今の感じ」--。花咲徳栄ナインが甲子園に出発した1日、同校グラウンドに、声を張り上げて1、2年生部員らにノックを打つ鰺坂さんの姿があった。

 練習のサポートからグラウンド状態まで、あらゆることに気を配るチームの裏方。「内角をコンパクトに打つように」「外角に来たら前でとらえる」。選手への指示を書き込んだノートは5冊を超える。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文808文字)

あわせて読みたい